日焼けをしてしまったら


日頃から日焼けに気を付けていても、ついうっかり強い日差しを浴びてしまうこともあると思います。

お肌は日焼けによって大きなダメージを受けますが、できるだけしっかりとアフターケアをすれば、軽症で済みます。

日焼けは火傷(やけど)の一種ですので、まずは冷やすことが大切。

濡れタオルや、日焼けケア用のローションなどで、ほてったお肌をよく冷やしましょう。

日焼けしたお肌をメイクで隠したくなりますが、日焼け後しばらくは、メイクはお休みした方が良いでしょう。

お肌に負担をかけることはなるべくやめて、お肌が落ち着くのを待ちます。

また、お肌のターンオーバーを助けるため、お肌の栄養になるような食べ物を積極的にとりましょう。

野菜類をしっかり食べ、和食中心の、栄養バランスのよい食事をとるとよいでしょう。

そして、しっかりと睡眠をとることも大切です。

お肌は眠っている間に作られると言いますから、夜更かしを避け、質の良い睡眠をとりましょう。

タグ

2011/03/16 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

紫外線対策

美肌のためには日焼けは厳禁。

年間を通じて紫外線対策をしっかり行う必要があります。

紫外線は、お肌に与えるダメージがとても大きく、毎日少しずつでも浴びると、お肌の老化が進んでしまいます。

紫外線対策としては、次のようなことが挙げられます。

  • 帽子やカーディガンなどで日よけ
  • 日焼け止めクリームを塗る
  • 紫外線対策に有効な栄養素を摂る

日よけについては、首の後ろや足などはつい忘れがちです。日傘を持ち歩く人も多いですが、日傘の色は黒が良いと言われています。

日焼け止めクリームについては、UVカットの化粧品がたくさん出ています。

どれを選んだらいいのか迷ってしまいますが、自分のお肌に合うものであることと、最適なSPFの物を選ぶことが大切です。

日常生活用なのか、外出が多いのか、アウトドアーで長時間過ごすのか、ということによっても選ぶものは変わってきます。

説明書にしたがって、数時間ごとに塗り直すことも大切。それから、当然ですが、一日の終わりには日焼け止めとメイクをしっかり落とすことも重要です。

タグ

2011/03/12 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ