肌荒れを防ぐ食生活


美肌のためには、食生活も大切なことは言うまでもありません。

お肌は内蔵を映す鏡と言われるように、胃腸などの調子がよくないと、
荒れてしまったり、くすんだりします。

内蔵の調子は、何を食べたかによって、ずいぶん変わってきますから、
食生活をおろそかにしないようにしましょう。

とくに忙しい生活をしている人は、食事に気を配ることが難しく、
つい、いい加減な食事をしてまいがちです。

ちなみに、お肌に良い食生活とは、次のようなものです。

・バランスのよい食事
・野菜をたっぷり食べる
・甘い物は控えめに
・油分の多い食事を控え目に
・ビタミン(A、C、E)をとる
・旬の物を食べる
・ねぎ、生姜など、体を温める食材を取り入れる
・アルコールを飲み過ぎない
・コラーゲンをとる

一日三回の食事について、毎回きちんとした内容にすることは
難しいかもしれません。


でも、食事はお肌にとっても、健康のためにも、とても大切ですから、
せめて一日一回は、理想的な食事をとりたいですね。



タグ

美肌を作る食事

美肌のために、普段の食生活が大事であることは、言うまでもありません。

高カロリーの、油分の多い食事を続けていると、お肌も脂ぎってしまったり、吹き出物やにきびができやすくなります。

反対に、少し気をつけて、野菜たっぷりの食事を摂るようにすると、翌日のお肌がとてもキレイになって、驚くこともあります。

美肌を作る食事とは、どんなものなのでしょうか? 肌トラブルを避け、美しい素肌でいるために、気をつけることを考えてみました。

■油分・糖分を摂り過ぎない
ケーキやチョコレートなど、甘い物が大好きな女性は多いと思います。お楽しみとして、たまに食べるのは構いませんが、毎日の習慣になってしまうと、肌トラブルの元です。

■野菜をたっぷり食べる
ランチの時に、ちょっとだけサラダを食べる程度では、残念ながら野菜の量が足りません。ゆでたり蒸したり、いろいろ工夫して、たっぷり食べられるように心がけたいものです。

簡単なことですが、毎日続けるとなると、結構難しいかもしれません。

でも、美肌の食生活を習慣づければ、お肌の調子がグンとupするはずです。

 

 

 

タグ

内側からもお手入れを!

お肌のお手入れは、美肌を保つ上でとても大切です。

でも、お肌は外からお手入れするだけでなく、身体の内側からお手入れすることも重要です。

「お肌は内蔵を映す鏡」と言われる通り、胃腸を中心とする内蔵の調子が良くないと、どうしても肌トラブルが起きたり、お肌がくすんだりします。

といっても、とくに難しいことをする必要はなく、食生活に気を配るだけでも、かなりお肌の状態は変わってきます。

お肌によくないのは、甘い物の食べ過ぎや、油分の多い食事です。

また逆に、ダイエット中などで、極端に食べる量を減らしている時も、お肌の調子は下降気味になります。

適切な食生活を保ち続けることは、現代社会ではなかなかキビシイかもしれませんが、美肌のために頑張りましょう!

食生活に気を付けようとしても、なかなかうまくいかない人は、サプリメントなどのお世話になるのもいいかもしれません。

その場合でも、もちろん基本は普段の食事です。

食事でどうしても足りない分を補う、というスタンスで、サプリメントを利用した方が良いと思います。


 

タグ

このページの先頭へ